東京及び東京近郊で会社設立や新規開店、創業を予定している方必見サイトです。

東京の会社設立サポートサイト.net

東京の会社設立サポートサイト

こちらのホームページは、東京及び東京近郊で会社設立や新規開業、創業を考えている、税理士や会計事務所を探している、税務・会計に関していろいろと検討している方々向けに作成し、公開している情報サイトです。

東京及び東京近郊で会社設立をお考えの方

会社を設立する時、専門家(税理士・税理士会計事務所・社会保険労務士・司法書士・行政書士など)のサポートがあると心強く、なぜなら、会社設立当初、創業者の方は経営の準備で頭も体も非常に忙しい時期を迎えているからで、さらに、創業者は会社設立後も、官庁関係の手続きや申請、届け出とたくさんの時間が会社設立のためにとられてしまいます。

具体的には、会社設立後の管轄となる税務署への届出、助成金の申請、現金出納帳から仕訳日記帳、貸借対照表、損益計算書などの経理帳簿と財務諸表の作成、税務会計を基本にした経営計画、事業計画、役員や社員の社会保険手続きなど会社設立に関連する内容が様々です。

税理士・税理士会計事務所はこのような創業者の役割を代行することができ、設立する会社というものを知り尽くした税理士、会計事務所は経験も知識も豊富なので、あらゆる角度から会社設立のサポートをしてくれます。当サイトは東京及び東京近郊で会社設立をお考えの方に、有効活用していただくために東京で活躍する税理士と会計事務所をご紹介しています。

詳しくは、東京及び東京近郊で会社設立をお考えの方のページへ
詳しくは、東京の税理士・税理士会計事務所の一覧ページへ

会社設立のメリット・デメリットについて

東京及び東京近郊で新しく事業をスタートする時、会社を設立して行うのか、それとも個人事業として始めるか、それぞれにメリットとデメリットがあるので、いろいろと税理士・税理士会計事務所へ確認すると良く、また、経済の活性化を目的とした起業促進の考えのもと、2006年5月に、新「会社法」が施行され会社設立が容易になりました。

会社に係わる規定は毎年のように改正されてきましたが、商法が改正されたことで、誰でもが比較的簡単に会社設立ができるようになり、これは商法改正以前と比べると、会社設立または個人事業の選択をするかは当事者の自由になった反面、より多くの要素を検討してどのような形態で起業、創業、新規開業するかを決めることが重要になり、また、会社設立の場合、設立費用がかかり、会社の資本金や社員数、経済力で判断される会社の信用力、会社の方が受けやすくなる事業資金及び銀行借入について、税理士・税理士会計事務所に相談、詳細のページで内容を確認して会社設立のご参考として下さい。

詳しくは、会社設立のメリット・デメリットについてのページへ
詳しくは、東京の税理士・税理士会計事務所の一覧ページへ

個人事業のメリット・デメリットについて

東京及び東京近郊で本格的に個人事業を始めるなら、まずは税務署に開業届を提出、個人事業なら届出をするだけで事業をスタートでき、また、個人事業といっても節税対策も考慮して、所得税の青色申告承認申請書を用意して青色申告者となる届けもあわせて提出しておくことを東京の会社設立サポートサイトはおすすめ致します。
青色申告をするためには、一定の帳簿書類を備えて、取引を記録、保存することが前提となるので、詳細を確認したい方は東京及び東京近郊の税理士・税理士会計事務所に一度ご相談下さい。

税務署への必須となっている提出書類や期限は、以下の通りです。

  • 個人事業の開廃業等届出書は、設立開始日から1ヶ月以内
  • 所得税の青色申告の承認申請書は、事業開始等の日から2月以内
  • 減価償却資産の償却方法届出書は、確定申告書提出期限
  • 棚卸資産の評価方法の届出書は、確定申告書提出期限

詳しくは、個人事業のメリット・デメリットについてのページへ
詳しくは、東京の税理士・税理士会計事務所の一覧ページへ

会社設立からの助成金相談

中小企業者基盤人材確保助成金(雇用・能力開発機構)、都知事から改善計画の認定を受けた、個別中小企業者が当該計画に基づく新分野進出等(創業、異業種進出)に伴い、新たに経営基盤の強化に資する労働者(以下 「※基盤人材」という)又は当該基盤人材の雇い入れに伴い当該基盤人材以外の労働者(以下「一般労働者」といい、「基盤人材」及び「一般労働者」を併せて 「対象労働者」という)を新たに雇い入れた場合に、雇い入れた対象労働者の1年間の賃金の一部に相当する額として一定額を助成する制度、助成対象者、支給額、実施機関についてご確認下さい。
また、受給資格者創業支援助成金、雇用保険の受給資格者自らが創業し、創業後1年以内に雇用保険の適用事業の事業主となった場合に、当該事業主に対して創業に要した費用の一部について助成する制度、助成金についても税理士・税理士会計事務所で、詳細のページで内容を確認して会社設立からの助成金相談のご参考として下さい。

詳しくは、会社設立からの助成金相談のページへ

会社設立からの公的機関の融資相談

東京商工会議所の創業支援融資保証制度、商品の特徴は、東京商工会議所と東京信用保証協会の携帯商品で、最大2,500万円、原則無担保でご利用いただけ、東京商工会議所が計画書の作成から起業後のフォローアップまでを支援し、保証協会が提携金融機関にご融資をあっせんする制度で、お気軽に税理士・税理士会計事務所へご相談下さい。

融資の対象は、以下の(1)または(2)に該当し、且つ(3)の要件を満たしている中小企業者で保証協会の対象要件に該当する方

保証対象要件

(1)【創業前の場合】以下の要件を全て満たす方

  1. 事業を営んでいない個人である。
  2. この融資と同額以上の自己資金がある。
  3. 1ヶ月以内に新たに個人で、又は2ヶ月以内に新たに法人を設立(会社設立)して都内で創業しようとする具体的な計画がある。
  4. 原則として事業に必要な許認可等を受けている。

(2)【創業後の場合】創業後5年未満の法人または個人
※個人で創業し、同一事業を法人化した方で、個人で創業した日から5年未満の方を含む

(3)次のいずれかに該当する方

  1. 東京商工会議所が実施している『創業計画審査会』において、創業計画の「認定書」を3ヶ月以内に授与された方
  2. 東商『創業ゼミナール』を受講し、「修了証」を授与された後、原則1年以内の方

などの創業制度がございますので、詳細のページや関連サイトで内容を確認して会社設立による公的機関からの借入のご参考として下さい。

東京商工会議所のサイトもご参照ください。
http://www.tokyo-cci.or.jp/shikin/wing/

詳しくは、会社設立からの公的機関や銀行借入の融資相談のページへ
詳しくは、東京の税理士・税理士会計事務所の一覧ページへ

会社設立からの節税の相談

経営者や家族に給与を支給し、給与所得控除を受けることで、会社の営業利益を、会社と経営者個人に分散することが可能に、生命保険料を必要経費にできたり、そもそも法人は個人の所得より税率が低く、会社設立から消費税の納税義務が一定期間免除されたりします。

その中でも比較的容易で、かつ、効果的な節税対策が、役員報酬を支給することで、所得を会社と個人に分散させ、かつ、給与所得控除を受ける、個人で事業をしていた場合、利益には全額所得税が課税され、しかし、経営者自身に対して給与を支払うことで、法人では役員報酬として費用計上、さらに経営者自身については給与所得控除として一定の金額が控除されるので、詳しく知りたい方は税理士・税理士会計事務所にご相談下さい。

詳しくは、会社設立からの節税の相談のページへ

会社設立からの社会保険の相談

社会保険関係、業務委託をすると会社設立後の経営に対して次のようなメリットがあり、企業本来の事業に専念でき、それは、目まぐるしく変わる社会の変化に伴い、労働や社会保険関係諸法令の改正がたびたび行われて、その内容は複雑、最近ではより専門的になってきており、こうした面に精通していないと、業務への適正な対応は困難、スピーディに、そして、正確に処理するため、会社設立間もない会社が専門家にお任せするのも一つの方法です。

企業の省力化を推進することができ、複雑で多様な能力を必要とする人事・労務管理業務には分かりにくく、面倒な面があり、社内で人事・労務管理の専門スタッフを育成するより、外部の力を活用することで人件費の無駄を省けて、事務手続きがスピードアップし、より確かになります。

社会保険労務士は、労働・社会保険の加入や脱退、各種給付金、助成金の請求、帳簿書類の作成など労働社会保険の事務手続きを的確に処理し、的確な処理は企業のリスク管理に役立ちます。

詳しくは、会社設立からの社会保険の相談のページへ

サイト更新情報
2014.02.10
東京の会社設立サポートサイト.netを運営している、セカンドエイト(株)は、2月1日(土)に会社を移転しましたのでお知らせ致します。移転先の住所は、運営会社のページでご覧ください。
2013.08.13
TOPページ公開です。

東京の地名由来や基本情報、名物・名産・観光など

【東京の廃車買取】サイトは、東京の名前の由来や歴史、東京都の基本情報も紹介しています。以前からから知っていた内容、知っていたつもりが間違っていた情報など、この機会に【東京の廃車買取】でご確認下さい。

東京と呼ばれる、地名の由来

東京都は、日本の都道府県の一つで、事実上の日本の首都機能が置かれている都市です。東京を中心とする首都圏は、世界で最も人口が多い都市圏とされ、経済規模ではニューヨーク大都市圏を凌ぎ世界最大とされています。

東京という地名の由来は、1868年9月に出された『江戸ヲ称シテ東京ト為スノ詔書』により、江戸の町奉行支配地域を管轄する東京府が設置されたことに始まります。
東京の意味合は、「京」という文字が、首都を意味することから「東の都」とする見方や、西の京都に対して「東の京都」だとする見方もあります。

しかし、東京都という名称は1943年に東京府と東京市の合併によって新たに出来たものであり、東の京都という意味合いはなく、上記のように解釈できるのは単なる偶然と言われています。

東京の基本情報・人口

2012年7月現在、約1320万人となっており、東京の人口は、日本の都道府県の中では最も多い都市です。面積は2,187.58平方キロで、人口密度は大阪府と同程度とされています。

名物・名産・観光

  • 東京の名物・名産
    もんじゃ焼き、東京ばな奈、ひよこ、人形焼き、雷おこし、洋食(オムライス、カレー、ハヤシライス)、カツサンド、柳川鍋、佃煮など
  • 東京の観光
    東京スカイツリー、東京タワー、渋谷ヒカリエ、としまえん、よみうりランド、上野動物園、東京ミッドタウン、表参道ヒルズ、東京都庁、東京国立近代美術館、大江戸温泉物語、東京ドーム、東京ドームシティ
page top